ハイキューパーツの公式ブログ「テクニカルガイド」

小さい模型たち3「チョイプラ スマートドーター エオス」

チョイプラ スマートドーター エオス

机に置いて、ちょこちょこ作っている小さい模型(その1その2)。チョイプラ「eos」は、手持ちの模型の中で一番小さく、なおかつ塗装しやすいものとしてちょうどよく、ファイアーパターンの塗装例として2体を塗装しました。作った順序はオフホワイト→白黒→黄色→白→黒金。オフホワイトのときは完全に関節を折ってしまいましたが、残り4体はキット通りに組み立てています。デカールと台座は自作のものです。

白、黒金はファイアパターン用マスキングシールSを使用。黄色にあるファイア模様はデカールを貼り付けたものです。

塗装

※メインカラーのみ

・オフホワイト [G]インテリアカラー
・白黒 [G]EXブラック [G]サフェーサーエボホワイト
・黄色 [G]サンシャインイエロー ※炎の模様はデカールです
・白 [G]プライマリーメタリックブルー・同レッド ※白は成型色です
・黒金 [G]EXブラック [G]ブライトゴールド

[G]ガイアカラー

失敗しやすいポイント

過度に曲げたり動かしたりすると関節パーツが破損しますので、固定ポーズがベターです。ポーズを決めてから塗装しました。特に腕と足は注意。

そして、材質の影響なのか不明ですがサフェーサープライマー(以下サフ)を塗装せずにマスキング塗装をすると、スポットで剥げる場所が合ったので、サフを塗装したほうが良さそうです。黒金を作るときだけに発生したもので、脱脂しても足付けしても一部がハゲたので、下地の有無によるものか思います。サフまたはプライマー推奨。

完成写真

3体のみです。

追記:破損した1体目修理