ハイキューパーツの公式ブログ「テクニカルガイド」

2024年7月中旬発売 「レースナンバーデカール」2カラー2サイズ

レーシングカーカスタムに最適!

レーシングカー風にカスタムするにはナンバーデカールを使うのが効果的。このデカールは、●や■と、数字のデカールを順番に重ねて貼って使います。数字のデカールは1桁用と、2桁用があり、組み合わせて好きな数字を作れます。●はレトロ風。■はモダンな雰囲気を出すのに最適です。

サイズ/125mm × 182mm
印刷/シルクスクリーン印刷
生産国/日本製

画像一式

あとで画像ギャラリー入れる

基本情報

品名JANコード品番定価
税別
レースナンバーデカールM ベースホワイト(1枚入)4573211377965RND-M-BWH800
レースナンバーデカールL ベースホワイト(1枚入)4573211377958RND-L-BWH800
レースナンバーデカールM ベースブラック(1枚入)4573211377989RND-M-BBL800
レースナンバーデカールL ベースブラック(1枚入)4573211377972RND-L-BBL800

使い方の補足

デカール本体の左側にサイズが書いてあります。17mmとサイズのみ書いてある数字のデカールは、1桁用です。17mmに続いて2digitと書いてあれば、その数字は、17mmの●か■に2桁で使うものということです。切り取ったあとでもわかるようにパッケージカードに原寸サイズが印刷されていますので参考にしてください。

実例1 ■+9

赤枠の17mmの■と、17mmの9を使います。

■を貼る。貼り付け面はグロスに

ガイアカラー「ブライトレッド」、同「EXブラック」を塗装したスプーンに17mmの■を貼りました。水転写式デカールを綺麗に貼るための条件として、被貼り付け面がグロス(光沢感がある)である必要があります。つや消しの面に貼れないこともないですが、作業が増えるので非推奨です。乾燥する時期などでやむなく梨地になってしまった場合は、デカールを貼る場所にクリアを吹いてグロスに近づけておくと貼りやすくなります。

■を貼った上に9を貼ります

■のデカールを貼り付けた後に、9のデカールを上から貼り付けます。■のデカールが適切に貼り付けられているのであれば、上への貼り付けは4-5分後(冬季は15分くらい)に可能です。デカールの扱いになれない場合は、半日程度置いて、■の状態を確認してから数字の貼り付けに進んでください。

※適切な貼り付けとは、上の写真の状態でデカールを指で触っても動かない、弱い流水でも流れていかない状態です。

スライドマークはデカール本体を押さえて、台紙を抜くようにして使います。

貼れました

周囲に残った糊などを水に濡らしたキムワイプなどで軽く清掃してクリアを厚めに塗装したのが下の画像です。

実例2 ●+55

17mmの●と、17mmの2桁用数字から5を2個使います。

●を貼ります。貼り付け面はグロスに

ガイアカラー「EXホワイト」、Mr.カラー「スカイブルー」を塗装したスプーンに17mmの●を貼りました。水転写式デカールを綺麗に貼るための条件として、被貼り付け面がグロス(光沢感がある)である必要があります。つや消しの面に貼れないこともないですが、作業が増えるので非推奨です。乾燥する時期などでやむなく梨地になってしまった場合は、デカールを貼る場所にクリアを吹いてグロスに近づけておくと貼りやすくなります。

2桁を作るときは 文字間の余白に注意

2桁の数字を詰めて貼りたいときは、貼りたい数字の間にあるニス層の余白をハサミなどであらかじめ切り取ってください。文字の詰め具合を調整できます。

●を貼った上に5を貼ります

●のデカールを貼り付けた後に、5のデカールを上から貼り付けます。●のデカールが適切に貼り付けられているのであれば、上への貼り付けは4-5分後(冬季は15分くらい)に可能です。デカールの扱いになれない場合は、半日程度置いて、●の状態を確認してから数字の貼り付けに進んでください。

※適切な貼り付けとは、上の写真の状態でデカールを指で触っても動かない、弱い流水でも流れていかない状態です。

貼れました

周囲に残った糊などを水に濡らしたキムワイプなどで軽く清掃してクリアを厚めに塗装したのが下の画像です。

よく忘れられる清掃の工程

デカールフィクサーを含めて、デカール用添加剤(糊、軟化剤含めて)ははみ出した部分を清掃する必要があります。上に塗装するクリアによっては目立たなくなるものもありますが、クリアを塗装した後では補修に手間がかかるため、クリアを塗装する前に清掃することが必要です。

痕が残りやすい添加剤を使う場合は、使用する箇所を小さくするか、使用量を少なくなるなどしてはみ出しを少なくする必要があります。

デカールフィクサーは水溶性ですが、固化すると水に溶けにくくなります。冷水で溶けにくい場合は、ぬるま湯に浸したキムワイプなどで清掃してください。

デカールフィクサーを貼り付け面に塗っておくと、デカールが破れにくく、位置決めもしやすく、貼り付けも強化できるので予防策として有効です。貼付け後に、はみ出しは清掃しましょう。