ハイキューパーツの公式ブログ「テクニカルガイド」

小さい模型たち「モーブズ・榊清太郎・ウィーゴの男の子」

 目次

冬休みに作った小さい模型たち

机の上を散らかさずに済むので筆塗りメインで作る小さい模型はなかなか楽しい。ということに気がついてシタデルカラーとファレフォカラーを主体に塗装しました。全体塗装はエアブラシを使ってあとは机の上でちまちま塗っています。

※塗装色は記録があるものだけで、ハイライト色など全部を記載していません

モーブズ

いつ買ったのものかは記憶が曖昧です。モーブズ(mo-bs)さんのガレージキットで、「ダウンジャケットを着てる子」(名前不明)です。全体に入っている小キズっぽいのが「味」だと思いますので、整えすぎないように注意して作りました。気泡埋めで傷を消しすぎたところは240番くらいの荒い紙やすりで傷を足しています。雪のデカールの貼り付けテストにしました。

肌色:ファレフォカラー「エアー 71076 スキントーン」
髪の毛:シャドー部 ガイアカラー「ピンクサフ」 クレオス「レドーム」
ジャケット:ガイアカラー「ブライトレッド」
ズボン:シタデルカラー「セレスタグレー」
靴:シタデルカラー「アバーランドサンセット」

榊清太郎

TFOオンラインで購入したパトレイバーの榊清太郎アニメ版。「ファニバニともったらけずる」さんのです。抜きが綺麗で時間が余ったので、サングラス回りの陰影の彫込作業だけを追加しました。彫り込んだほうが塗り分けにも楽ちんそうです。旭日章は帽子に造形されていたのですが、塗り分けが苦手なのでデカールで作っています。サングラスは反射しているのがわかるように緑色の反射を書き込む挑戦をしました。

肌色:ファレフォカラー「エアー 71076 スキントーン」+タミヤスミ入れ塗料「ピンクブラウン」
服:シタデルカラー「コラックスホワイト」
服紺色:シタデルカラー「カントーアブルー」
軍手とシャツ:シタデルカラー「スティールレディオンドラブ」

ウィーゴについてくる男の子

ハセガワ「20 ウィーゴ」についているパイロットの男の子です。スケールは1/20。ウィーゴの中に登場できます。こちらはウレタンレジン製ではなく、プラ素材。榊清太郎と同じく、ファレフォカラー「エアー 71076 スキントーン」+タミヤスミ入れ塗料「ピンクブラウン」でいい感じの肌色にできるかなと思ったのですが、樹脂の黄土色が悪影響してしまい顔色が悪くなってしまったため、一回白いサフェーサーで塗りつぶしてから塗装しています。白い成型色か影響の少ない色がいいなぁと思います。
脇の下とかに変な穴が開いたりしていますが、昔触ったのを塗料を落として再度塗っていますので、キットにもともとあるものではありません。

肌色:ホワイトサーフェイサー+ファレフォカラー「エアー 71076 スキントーン」+タミヤスミ入れ塗料「ピンクブラウン」
服:シタデルカラー「アバーランドサンセット」
ズボン:シタデルカラー「デスワールドフォレスト」

マスタードイエロー

シタデルカラー「アバーランドサンセット」の色がとても良いです。日本語で「からし色」、英語だと「マスタード」。ダコタの財布にあるような上品な黄色です。

ファレフォカラーがエアブラシに詰まること

肌色はファレフォエアーをエアブラシで塗装していたのですが、ハンドピースが詰まりがちでした。最初の吹き始めは良いのですが、4-5分でも時間が経つとグズグズつまり始めてブボッっと塗料が飛んでいきます。つらい。

「ファレフォエアシンナー」専用薄め液でも同じ現象だったので、水性塗料の一部にある固有の問題のようです。

で、メーカーは推奨しないと思いますが、ハンドピースのカップにキッチンマジックリンを2プッシュ泡入れるとグズグズがなくなったので、水で希釈しただけでは詰まってしまう場合は、少し足すと良いようです。ただし、白い色に足すと少しだけ緑色になるので量には注意です。

台座

木の台座はいずれもスタジオ「MEZASHI」さんのものです。ガイアカラー「クリアブラウン」で塗装しました。