ハイキューパーツの公式ブログ「テクニカルガイド」

「TAMOTU」プローブ1

宇宙へ!タモツプローブ1

BOOTHで購入したNASTARに合わせて、TAMOTUを探査機として作ります。メインのNASTARはまだ作成中です。

作り起こしのコーポレートマークデカールなどは、研究機関向け機器のメーカーや、宇宙探査をテーマにしたもの。いずれ販売するデカールに盛り込まれます。

同じデカール、色を使うことで並べて飾れるように作ります。

マスメツール活用例

NASAの探査機を模して、外板を留めている(であろう)ファスナー風の穴を開けました。立体物の正確な位置への穴あけは、マスメツールを使うのが便利です。0.5mm刻みの方眼シールのようなもので、プラモのパーツをグリッド化する便利なツールです。

パーティングライン消しにラインスクライバー

細かなパーティングラインを消すのは、いきなり紙やすりなどでヤスリがけするより、少しデザインナイフなどで削ってから処理する方が削りすぎの失敗が少ないです。ラインスクライバーの刃の背で優しく削ります。

塗装

本体色
[G]EXホワイト

フレーム色
[G]ガンメタル
[C]スーパースムースクリア

タイヤ色
[G]ラバーブラック

ライト内側
[G]エナメル ホワイト

前部ライト
[G]クリアーブラック

後部ライト
[G]クリアレッド

スミ入れ
[T]スミ入れ塗料 ダークグレー

[G]:ガイアノーツ
[C]:GSIクレオス
[T]:TAMIYA

完成写真

©MARUTTOYS © KOTOBUKIYA

関連記事

「TAMOTU」でクラウド迷彩塗装 3色迷彩

「TAMOTU」でクラウド迷彩塗装 2色塗装

「TAMOTU」で実験! フレーク塗装風

「TAMOTU」コトブキヤコンペ参加作品